ほぼ日々news

朝ドラ・大河ドラマなどの情報から、日々起こる事件や事故について自分の感想を書き続けています。

【なつぞら】天陽くん.....オープニングですでに泣ける。

f:id:hobohibi:20190903073633j:plain

写真:https://twitter.com/asadora_nhk/status/1168071025239703553

 

天陽くんの報せを陽平さんがなっちゃんに伝える場面ですでに泣けます。

23週のタイトル自体が「なつよ、天陽くんにさよならを」なので、天陽くんが亡くなるのはまず間違い無いと心して観てるわけですが、その時が来ると辛いものがあります。

 

じいちゃんが天陽くんのところを開墾した馬の話を涙ぐんで話すところもグッときます。

 

最後に天陽くんが書き上げた馬の絵と対面します。

意外とサクッと進んでしまった印象がありますが、オープニングから序品までの話はやはり衝撃的ですね。

【朝ドラ】月曜から涙腺がやばい。天陽君死なないでほしい。。。モデルとなっている神田日勝さんも32歳の若さで亡くなってるんですね。

天陽


今朝のお話の中で天陽君が病院を抜け出して帰宅し、書きかけの馬の絵を仕上げていましたね。自分の死期を悟った人間の最後の力を振り絞ったような吉沢亮さんの演技が秀逸でした。

BGMもかなりマッチしていて気持ちがグラグラとなり涙腺がゆるみました。 

 

 

 

f:id:hobohibi:20190902104102j:plain

写真:https://ontomo-mag.com/article/column/kanda-20190404/

 天陽くんのモデルとなっている「神田 日勝(かんだ にっしょう)」さんは北海道の画家で、天陽くんのように農業をしながら絵を描いていたようです。

過労がたたって32歳の若さで亡くなり、敗血症という病気を患っていたそうです。

この馬の絵を描いている途中で亡くなったようで「馬(絶筆・未完)」というタイトルで残されているかと思います。今日の放送で天陽くんは途中まで描いていた馬の絵を書き上げていましたので、神田日勝さんとは少し違うようですね。

 

神田日勝さんの記念美術館もあるようなので ぜひとも訪れてみたいなと思います。

 

kandanissho.com

 

吉沢亮さんの演技がとても引き込まれるものがあってすごかったです。天陽ロスの悲鳴で埋め尽くされる1週間になりそうです。

【やめて泣】天陽くんが死んでしまう....? 次週は「なつよ、天陽くんにさよならを」

なつぞら

(C) NHK

天陽くんのモデルとなっている画家が若くして亡くなっているようですし、

次週は「なつよ、天陽くんにさよならを」ということなので死亡フラグが立ちました。

予告を見ただけでも涙がでそうになりましたが、来週は多くの人が涙を流すことになりそうです(涙)

とても素敵な母の顔。なつぞらで広瀬すずさんが好演。

f:id:hobohibi:20190823132411j:plain

https://twitter.com/asadora_nhk/status/1164749153152335872

朝ドラ「なつぞら」も終盤が近づいてきていますが、なっちゃんがついにいっきゅうさんとの子供を出産しました。

演技とはいえ命が生まれる瞬間はやはりとても素晴らしい瞬間なんだと改めて感じました。

広瀬すずさんの顔にもそれが表れていますね。とても素敵な母の顔になっています。

 

出産シーンを初体験した広瀬すずさん。リハーサルから涙を流していたのが印象的でした。何度演じても自然と涙が流れ、セリフも忘れてしまうほど自然と演技に入りこんでしまったとか。新生児は“生命”という感じがして神秘的だったそうですよ。

引用:https://twitter.com/asadora_nhk/status/1164749153152335872

 

 

 

 

 

【乃木坂46】タコです〜〜が可愛い!#齋藤飛鳥

f:id:hobohibi:20190823080729p:image

 

セブンイレブンアプリのCMで「タコです〜〜」と言ってるのは誰だろう?と探してみたら、同じこと考えて探してる人結構いるんですね。

CMで一瞬見ただけなので、確信なかったのですがやはり乃木坂46齋藤飛鳥さんでした。

 

CMのタコです〜〜の部分がループする動画もあったりほんの一瞬で惹きつけるものがあるんですよね。きっと。

 


【乃木坂46】タコですぅ〜 齋藤飛鳥

まさに熱闘甲子園!3回戦智弁和歌山vs星稜

f:id:hobohibi:20190817165019j:image

 

奥川投手率いる石川星稜と破壊力抜群打線の智弁和歌山

延長14回までもつれてタイブレークとなりようやく決着。

石川県と和歌山県の人たちはテレビに釘付けで街は人が歩いてなかったのでは(笑)


f:id:hobohibi:20190817165027j:image

 

手に汗握る熱戦で今大会では3本の指に入る名試合だったかと思います。

奥川投手は165球23奪三振の好投でした。

最後試合が決まった時に価値チームでありながら号泣してましたもんね。感動して胸が打たれました。


f:id:hobohibi:20190817165022j:image

 

最後試合を決めたのは星稜の6番福本選手のスリーランホームラン。

タイブレークになってからどちらも先頭打者の送りバントが必死の守備に阻まれて進塁すらできない状態が続き、この試合は終わるんだろうか?と思ったほどです。

奥川投手が足をつっているのか辛そうな仕草を見ていると、星稜の仲間達早く試合を終わらせてやってくれ!と思いました。

また、智弁和歌山の強力打線が奥川投手を最後捕まえて一気に試合を終わらせるのかな?などなど思っていましたが、最後は星稜福本選手の見事なホームランでした。

 

とてもいい試合で本当に熱闘でした。感動しました。